6 Dec 2018

2018 年に利用した購読型サービス

2018 年に買ってよかったものを書いて、気付きもあったので、購読型サービスについてもまとめる。

無料サービスでも、なくなって困るものにはお金を払いたいとは思ってる。 あらためて振り返ると、動画関連のサービスが 3 つあり、動画が日常に密着しているんだなと思う。

仕事編

GitHub

Private Repository は必要。

JetBrains: All Products Pack

セール期間に半額で購入。IDE は苦手意識があって、テキストエディタこそ至高だったんだけど、新しい言語入れるたびに設定するのが面倒なので、いまはほとんど IDE に以降した。最近はコンテナしか利用しないので、コンテナイメージをランタイムを使えるのが便利。 メインで使うのは GoLand, PyCharm, WebStorm, PhpStorm。同じような操作感で使えるのがいい。

来年もまんまと購入するだろう。

freee

会社の会計情報を入力。税理士の方が会計処理してくれる。 銀行/クレジットカードの利用分を自動で会計処理してくれるので助かる。



Feedly Pro

メインの情報収集源として利用。無料でも十分使える RSS リーダー。 Pro じゃなくてもいいんだけど、GoogleReader のようになくなると困るのでお金を払っている。

NewsPicks Academia

独自記事に気になるものがあったので、先月から試している。 Academia は、①特集記事が読める②特殊な動画コンテンツが観れる③毎月本が届く というのがメインの付加価値。 なお、人の Pick を見てもピンとこない。バズりそうな記事がバズってるな、くらい。 たまに気になる特集記事が読めればいいので、プレミアム会員に下げる可能性が高い。

日常生活

アルピナウォーター

購読型といえば購読型。とはいえサーバ台は無料で、購入した水の分だけ払っている。なお取り替えるのが面倒なので、1 ボトル 18.9L のものを利用している。 自室がメインの職場なので、水がすぐに飲めるのはすごく楽。

YouTube Premium

家族全員が Youtube をよく見るので Family で購入。 数日しかたってないが、広告がないと快適すぎて見過ぎてしまいそうなので注意している。Youtube Music Premium も快適。

Amazon プライム

言わずもがな。法人として利用しているので、Business プレミアム。 もっとも利用しているサブスクリプションモデル。 Prime ビデオのオリジナルコンテンツも結構見ている。

Netflix

Amazon Prime ビデオでもいいんだが、英語字幕でみたかったので導入。 あと子供が好きな番組も入っている。AmazonPrime ビデオだと、勝手に購入することもあったが、全部見放題なので、そういう心配しなくてもいいのが地味に嬉しい。

見たかったドラマが多くあるので、Netflix のオリジナルコンテンツまで、まだたどり着けていない。あ、あとデータダウンロードしたら、オフラインで音声と字幕を切り替えられるのもいい。

ABCmouse

3 年前から、子供が利用している。 子どもたちに対し、特に強制はしないのだが、朝起きると勝手にこのアプリで遊んでいるので楽しんでるんだと思う。

去年くらいから日本でも正式にサービススタートしたのだが、国ごとにアカウントの保存場所が違うらしい。自分のアカウントが、おそらく US ストアにあるので色々面倒。



解約したもの

Safari

O’Reilly が提供している学習プラットフォーム。 コンテンツは優秀なのだが、全然活用できなかったので解約。 小難しい本は手元に置いて読みたい。



COMP

完全食品の宅配サービス。これ単体で食事が済むので、便利かなと思ったんだけど、食後の満足度が少ないのでやめた。

dTV

Netflix のほうが高機能。ただ日本のコンテンツには強かった。

Google Play Music

音楽のサブスクリプション。 YoutubePremium に、GooglePlayMusic の権利が内包されているので解約。



Evernote

以前はプレゼンモードを結構利用していたし、オフライン機能を使う時も多かったけど、最近はそうでもないので解約。

まとめ

振り返ってみると、「あれ解約しよう」とか、「思ったより利用してる」など思うところが多かった。 来年も書きたい。


Tags:
0 comments